サイトタイトル

一般歯科
treatment

むし歯治療

むし歯とは、むし歯菌が歯を溶かす脱灰と、溶けた部分が再び固くなる再石灰化のバランスがくずれて歯が溶けていく病気です。
そのバランスを左右する要因は、むし歯菌の数、唾液、歯質、食事、フッ素イオンだと言われています。
当院ではミニマム・インターベーション(最小限の侵襲)をモットーにしております。
平たく言えば「虫歯を必要以上に大きく削らない」という意味です。
かぶせ物よりもなるべく部分的に詰めることが出来るよう心がけています。

歯周病治療

歯周病とは、歯と歯肉に近い部分についた歯垢(プラーク)の中にいる細菌によって引き起こされる病気です。
歯と歯茎の境目についた歯垢(プラーク)から、歯の根にそって歯周病菌が入り込み、歯を支えている周りの組織をじわじわと壊していき、最後には歯が抜け落 ちてしまいます。 歯周病は歯肉炎の段階では、歯の磨き方など口の中の健康管理を積極的にケアすることでよくなります。
しかし、ある程度症状が進行している場合は出来るだけ早めに診察を受けることが大切です。
また、歯周病のかかり始めには自覚症状があまりない病気ですので、検査をうけて症状を知ることも大切です。